マニラ留学のエージェントの選び方 ー 費用・メリット&デメリット

Photo by Francesca Tirico on Unsplash

マニラ留学するなら、留学エージェントを利用したほうが良いの?手数料や仲介料金はどれくらいかかるの?仲介料金を無料にする方法って?そんな留学エージェントに関する疑問の全てにお答えします。最後には、留学エージェントを利用しない個人手配の方法も紹介!

留学エージェントとは

エージェント
Photo by rawpixel.com from Pexels

留学エージェントとは、留学に必要な手続きを代行する業者のことです。

  1. ペンギンちゃん

    留学エージェントを利用すると具体的にどんなサービスを受けられるの?

  1. 例えば、以下の手続きをサポートしてくれるよ

    キリン先輩
  • 語学学校の申し込み
  • ホームステイ先や学生寮、アパートなど滞在先の手配
  • 留学前の英語学習の方法
  • 留学全体のアドバイス
  • 現地サポート
  • 帰国後の進路相談

このようにサポートが手厚いため、留学先の国から就職活動までワンストップで相談できます。

費用はかかりますが、英語初心者や留学が初めての人でも安心できるサポート体制です。

エージェント利用にかかる費用

留学エージェントには「有料」と「無料」があります。それぞれ詳しく解説します。

有料エージェント

まず有料エージェントは、手数料として5〜20万円の仲介手数料を支払います。

有料エージェントは主に手続き代行費用(仲介手数料)と語学学校からの紹介料から収益を得ています。

手続き代行費用とは、留学手続き代行に関するサービス費用です。カウンセリング費用や相談料とも言います。複雑な手続きをサポートしてもらう手数料として支払います。

そして紹介料とは、語学学校がエージェントに対して支払っているお金です。カンタンにいうと、語学学校を留学生に紹介したお礼です。

海外の語学学校が日本で生徒を直接集めることは非常に難しいため、エージェントに紹介料を支払って紹介をお願いします。

無料エージェント

無料エージェントは「語学学校からの紹介料」のみで収益を得ています。この場合、カウンセリング費用はかかりません。

有料エージェントとは様々な違いがありますが、渡航前の無料英会話がなかったり、現地にサポートデスクやオフィスがないなど、サービス内容が少ないケースが多いです。

エージェントの仲介料相場

日本学生支援機構(JASSO)が運営する留学留学支援サイト海外留学経験者の追跡調査によると、留学エージェントの手数料相場は10満未満、10〜20万の割合が多いです。

15万円以上は高額です。ビザ申請などのサポートに加え、渡航前の英語サポートなど別途のサービスが無い場合は他のエージェントや個人手配と比較しましょう。

料金が高い理由

  • 大学進学など専門的なカウセリングができる
  • スタッフが全て海外の学位を持っているエキスパート
  • 渡航前サポート内容が手厚い
  • 現地サポートがサービス内容に含まれている

留学エージェントを利用するメリットとデメリット

メリット

留学エージェントを利用するメリットを3つ紹介します。

手続きを簡略化できる

留学には語学学校やホームステイの手配、ビザ申請、航空券手配、保険加入など様々な手続きが必要です。

英語で手続きを行うこともあり、留学初心者にとってはハードルが高く感じます。留学エージェントに依頼することで、手続きを代行してもらえます。

現地の情報も日本語で手に入るため、安心して出発できます。

海外インターンシップの受け入れ先が見つかりやすい

海外インターン先は自力で見つけることも可能です。しかし、留学先に着いてから探すと、せっかくの留学の時間を消耗することになります。

エージェントに依頼すれば、希望をもとにお勧めのインターン先を提案してくれます。日本にいる内に見つかるため、留学初心者でも慌てることなく準備できます。

留学経験者によるアドバイスを聞くことができる

留学エージェントのカウンセラーは、ほとんどが留学経験者です。留学に関する悩みやトラブルを知っているので、事前の対策を考えてくれます。

実際に経験しているからこそ親身に相談にのってくれることも多く、安心して相談できます。

デメリット・失敗例

留学エージェントを利用するデメリットを2つ紹介します。

1.仲介料が高い

留学エージェントを利用する最大のデメリットは費用です。最低でも5万円ほどの仲介料が必要なため、留学費用が高額になりやすいです。

無料エージェントであれば一見安く感じますが、実際は換算レートやホームステイ費用が上乗せされているケースも多いので注意してください。

2.語学学校や滞在先が限られる

留学エージェントは紹介料を得らえる語学学校を中心に紹介します。そのためエージェントによって学校や滞在先の選択肢が限られてしまいます。

対策として自分で希望の学校をリストアップしてからエージェントを探しましょう。

  1. 他にフィリピン留学ならでは留学エージェントのメリットとデメリットも知っておこう!

    キリン先輩
  1. ペンギンちゃん

    自分の行きたい語学学校の取り扱ってない場合もあるんだね。「フィリピンの留学エージェントとは」が参考になったよ

留学エージェントを利用すべきなのはどんな人?

留学エージェントやカウンセラーのサポートを受けるべき人の特徴を紹介します。

海外経験のない留学初心者

留学エージェントは複雑な手続きを代行してくれます。

カウンセリングを通じて自分に合った語学学校を紹介してもらえることで、留学中の英語力アップにつながります。

語学学校や海外インターン先を迷っている人

留学エージェントに相談すれば、必ずお勧めの語学学校をいくつか紹介してくれます。

迷っている人は選択肢を絞ることができ、スムーズに留学先が決定します。またインターン先も日本で手配しておくことで、現地での時間を最大限に活用できます。

英語力に自信がない人

マニラの場合、海外資本の語学学校で日本人スタッフが不在だと手続きはすべて英語です。

英語が苦手な人は留学エージェントに依頼すれば、日本語のやり取りで手続きを進めることができます。日本語でスムーズにやり取りすることで、事前学習に時間を当てることができます。

留学エージェントを選ぶポイント

留学エージェントを選ぶポイントを3つ紹介します。

マニラ留学の経験があるカウンセラー

留学経験のあるカウンセラーは、その経験から親身になってくれることが多いです。

また経験者だからこそ知っている、現地マニラの情報を提供してくれます。マニラに留学したことのあるカウンセラーを探してみてください。

語学学校の選択肢が多い

留学エージェントはいくつもの語学学校と提携しているため、自力で探すよりも学校の選択肢が増えます。

また希望や英語レベルに合わせて学校を提案してくれるため、効率よく学校が決まられます。学校選びに悩んだときは、提携先の多いエージェントを選んでみてください。現地の情報もあわせて教えてくれることも多いです。

英語力アップのサポートが手厚い

有料エージェントは事前のオンライン英会話や英語学習の指導など、英語力アップへのサポートが手厚いです。

これらを活用することで、英語初心者はスムーズにマニラ留学をスタートできます。英語力に不安がある人は、事前学習のサポートが手厚いエージェントを探しましょう。

お勧め留学エージェント

留学ジャーナル

留学業界で最も実績がある最大手の留学エージェントです。有料エージェントですが、サポート内容や対応に定評があります。

関連記事

フィリピンお勧め留学エージェント16選!フィリピン留学のエージェントを比較

個人手配もお勧め

留学手配

留学は自分で手続きする「個人手配」も可能です。この場合、以下の手続きをすべて自分で行います。

  • 語学学校の申し込み
  • 滞在先の手配
  • 航空券の購入
  • ビザの手配
  • 費用の支払い
語学学校の申し込み手順【9ステップ】をみる

最大のメリットは仲介手数料が必要ないことです。

自分で手続きと一見大変そうに思いますが、想像以上にカンタンなものです。個人手配をサポートするサービスもあるので、うまく活用すれば費用を抑えつつ、自分に合う留学プランを見つけることできます。

公的機関のJASSO(日本学生支援機構)自分で留学の手続きするメリットと留学エージェントの利用の注意点をまとめています。

  1. ペンギンちゃん

    本当にカンタンにできるの?

  1. マニラの英語学校(語学学校)は、日本語のHPや日本人スタッフが在籍している学校がたくさんあって、日本語で問い合わせができるよ

    キリン先輩
  1. ペンギンちゃん

    全部、英語だと思ってた!?

  1. もしマニラ留学で不安なことがあればいつでも相談してね

    キリン先輩
マニラ留学について相談してみる

個人手配はこんな人にお勧め

個人手配をお勧めする人の特徴を4つ紹介します。

1.留学費用を節約したい人

個人手配は仲介料が必要ありません。それだけで数万円の節約になることも多く、現地の生活費に多くの費用を当てることができます。

留学費用を少しでも節約したい人にお勧めです。

2.航空券など安いものを購入したい人

個人手配では、航空券や海外旅行保険なども自分で手配します。

そのため、LCCなどを活用してマニラまで往復5万円以内で渡航することも不可能ではありません。安いものを自分で選択できる上に、英語で旅行手配をする練習にもなります。

3.留学の経験がある人

留学の経験者であれば、手続きの流れをひと通り理解していることも多いのではないでしょうか。経験があれば手続きにハードルを感じにくくなり、申し込みや支払いもスムーズです。

4.語学学校を自由に選びたい人

留学エージェントは提携している語学学校のみ紹介するため、選べる学校が限られます。しかし、個人手配では自分で調べることで、語学学校の幅が広がります。

関連記事

・留学は「自分で手続き」が当たり前?JASSOも推奨!自分の留学は自分で作る

お勧め個人手配サービス

個人手配サポートサービス

留学 個人手配
ラングペディア

留学エージェントは少し異なるのですが、Langpedia(ラングペディア)は「個人手配」を無料でサポートしてくれる留学サービスです。

大幅な留学費用の節約ができるため、費用を抑えたい人にお勧めです。

LINEで留学の相談をしてみる(無料)
学校診断で自分に合う学校を調べる(無料)

留学体験談

留学エージェント利用の体験談

Aさんは30代の社会人。退職してマニラ留学を決意したものの、海外経験はほとんどありません。

英語初心者でもあるため、手続きは留学エージェントに依頼することにしました。

費用は高くなりましたが、社会人で経済力もあったため、ほとんど気になりません。

手続きを代行してもらえただけでなく、自分の英語レベルにあった語学学校を紹介してもらえるなど、手厚いサポートを受けることができました。

語学学校が自分の目標や生活スタイルに合っていたため、Aさんはビジネス英語を習得するまで成長。帰国後の就職活動にも成功し、結果として年収が100万円アップしました。

個人手配の体験談

Bさんは就職活動を控えた大学3年生です。

まだ大学生ですが海外旅行が大好きで、今まで訪れた国は20ヶ国以上。いつも自分で航空券やホテルを手配していたので、留学も自分で手続きをすることにしました。

英語の手続きも多く大変でしたが、手順は旅行手配とほとんど変わりません。

また英語でやり取りをすることで、メールの返信フレーズなど多くのことを学ぶことができました。

渡航前から英語でやり取りしたことで、Bさんは自信も得ました。

留学先も自分の選択のため、納得をもって勉強を継続。結果として、就職活動でアピールできるスコアまで上げることができたのです。

このように自分のレベルに合わせて手配方法を選ぶことが、留学生活の充実につながります。